『あしたはどっちだ?』著・中野英樹

清貧役者生活20ン年。

笑ったり、食べたり、凹んだり、嘘ついたり…。

そんな清貧な日々を、気ままにつづった、書き殴り日記。

※出演情報※

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.10.06 Sunday

ああ、我がマドンナ。

0
    1570370242296.jpg
    ‥‥‥ヤキモキしていた。
    ご案内出したA子先輩からの返信がなかなか来ない。

    キネマライブ浪花興行が決まった夜、まるで紅顔の演劇美少年だったあの頃のように、密かにドキドキワクワクして眠れぬ夜を過ごしました。

    「A子先輩と絡めるかもしれない‥‥。いや、絡む!」

    A子先輩。
    万歳一座の大先輩。
    客席から観た「唇に聴いてみる」でバキューン!!と恋心を撃ち抜かれた、初恋女優さんな先輩。
    「赤い夕陽のでんでけ伝の作り方」の時の空き時間にママチャリでニケツして通ったクラブ温泉♨
    記憶に残っているA子先輩とのお芝居での絡みは、万歳デビュー戦の「百物語」。
    今はもうカタギな、A子先輩。

    ライブ前日、A子先輩からLINEが来たお知らせが‥‥‥ッ!!
    お知らせが最初の何文字かを表示している。
    「微熱が‥‥」と書かれていたので、恐ろしくて開けない。
    あえて、わざわざ、「男は度胸!」と胸内でお題目を唱えてLINEを開けば、「微熱があって返信遅なってゴメンなぁ〜。熱引いたから行くわ!」的な返信‥‥‥!
    ヘナヘナと腰砕けながら「オッシャー!!」と雄叫ぶ、身体的矛盾。

    その場にいた、石原正一ショーとトモちゃんに「このライブ、勝ったも同然!」と高らかに宣言。
    ‥‥全然チケット売れて無かったのに。
    ところがドッコイ!A子先輩の返信頂いてから風向きが変わるのです。
    カミカゼならぬ、メガミカゼ!!
    続々とチケットが売れて行く摩訶不思議。

    で、本番。
    キネマライブ名物「オレのリアルマドンナを探せ!」と言うふざけたコーナーがあるのですが、一目散にA子先輩の元へ。
    そして、劇中の台詞をA子先輩に読んで頂き、それに返すアタクシ。

    あゝ、極楽。
    あゝ、至福。
    あゝ、昇天。

    「A子先輩の台詞を初めて聴けて感動しました!」とは万歳現役のSくんの言葉。
    今やカタギになられたA子先輩から、ふざけたコーナーにかこつけて未だ衰えぬ女優力をカツアゲした我が手腕を褒めてあげたい(笑)

    「ちゃんた、可能性は無限やで!!」
    帰り際、目をキラキラさせながらA子先輩が喝を入れて下さった。

    ‥‥‥感無量でございました。

    22:58 | - | comments(0) | - | - | - |
    2019.09.29 Sunday

    命からがら。

    0
      FB_IMG_1569684873647.jpg
      文字通り「命からがら」帰還いたしました。

      『キネマライブ・スペシャル 〜フルバージョン編〜 大阪の陣』
      無事に終了いたしました。
      果たして本当に無事だったのか、ワシ?

      初めてのチャレンジだった大阪ライブで、初めてフルバージョンダブルヘッダーというチャレンジ。
      おこがましくもスーパースター列伝的に言ってしまえば、かの大阪城ホール「アントニオ猪木VSブルーザー・ブロディ」フルタイムドローを二本やったのだ!とうそぶきますです(笑)

      まぁ〜、その翌日に身体の動かないこと。
      まぁ〜、その翌々日まで胃袋の動かないこと。
      まぁ〜、歳の割りには大食漢気取りのアタクシでございますが、全く食欲ゼロという体たらく。

      体力過信。
      身の程知らず。

      「ヒデちゃん、変わらんなぁ〜(笑)」とは30年振りに再会した学生寮で同じ釜の飯を食ったタナカくん。
      確かに、何の疑いも無く「フルバージョンをダブルヘッダーでやっちゃおう♬」って思った無邪気なとこは、あの野村寮の頃の鼻っタレと何ら変わって無いのかもしれません。

      ‥‥にしても、熱血に体力が追いつかなくなるとはなぁ〜。

      とはいえ、不安で不安で仕方なかったお客様の入りが蓋を開けてみれば、満員御礼フルハウス!
      フルバージョンでフルハウス(もはやダジャレにすらならない 笑)😊

      大学時代の先輩方や同期や後輩、劇団時代の先輩や後輩、関西小劇場の先輩方、空晴の皆さま、お世話になったあの方この方、はじめましてのお客様。
      嬉しかったですね〜。

      でも、アタクシは同窓会の会場をセッティングした気持ちはさらさら無く、見世物小屋をセッティングしたつもりでございます。
      「久しぶりぃ〜!」を「面白かったよ〜!」に化けさせるのが、アタクシのお仕事でございます。
      ‥‥などと息巻いてみましたが、果たしてライブのデキは如何に?

      一級品の甘えん坊なアタクシでございます。
      ちゃっかり「久しぶりぃ〜!」を追い風として捉え、オノレの燃費知ラズなおチョーシ者っぷり😎
      そのおチョーシ者テンションが、オノレのスタミナをバリバリバリバリ食い尽くす。
      つまりは、いきなりの向かい風(汗)!
      ナイター(ソワレの事です)はスタミナ激小!どこじゃない、かろーじてスタミナをなんとかだましだまし保たせてゴオオオール!!!

      いや〜、燃え尽きた〜。
      ‥‥って、その下の句に「燃えカスなんか残らねぇ」と、矢吹のアニキのようにボソッとつぶやきたいところでございますが、まぁ〜、燃えかすを散らかす散らかす💦💦💦

      まさに、命からがら‥‥。

      「大阪でもキネマライブやって下さいよ〜」と魔法の言葉を投げかけて、石橋叩く金槌を取り上げ アタクシを“ トムソーヤー ” に変身させてくれた、石原正一ショーくん、
      おもちゃのようにシンプルなのに、ライブの世界観を可憐に物語ってくれた、助っ人・ピアニカストのトモちゃん、

      おじさんと遊んでくれてありがとう〜!!
      また遊びましょう〜!!

      そして、お運び下さいました皆さま、本当にありがとうございました〜!!!

      でもね、散らかした燃えカスを回収しにまた大阪に参上したいと思っておりますので、その時はまた遊びに来て下さいませ♬

      さて、浪花のコモンカフェから返す刀で、お江戸は高円寺トラゲットで再び‥‥。

      『キネマライブ・スペシャル〜フルバージョン編〜』

      @高円寺トラゲットhttps://traghetto.jimdo.com/
      10/5(土)開店18時30分/開演19時
      ちゃーじ 2000円+別途おーだー

      ChaN-ta(中野英樹)
      助っ人・キンドー(アコーディオン)

      宜しくお願いします!

      15:30 | - | comments(4) | - | - | - |
      2019.08.28 Wednesday

      晩夏に。

      0
        FB_IMG_1566919029994.jpg
        昨日は『男はつらいよ』公開五十周年記念日でございました。

        皆さま、鈴虫の鳴く頃に高円寺でお会いしましょう♬

        『秋祭り〜豊作祈願〜』高円寺トラゲット
        9/15 開店 19:00/開演 19:30
        ちゃーじ 2500円(要別途おーだー)

        江口優
        おこめとミズキ
        ChaN-Ta(中野英樹)☓ 助っ人・おつる

        00:17 | - | comments(0) | - | - | - |
        2019.07.28 Sunday

        祭りのあと〜其の壱〜

        0
          1563329011963.jpg
          思い起こせば十年前…。
          青木豪ちゃんと歌っていた、グリングと言うブルース。
          だから俺たち、地味なブルース・ブラザース(笑)
          それ以来の劇作現場が「野外劇」と言う、このサーガ(グリングでは日常芝居ばっかやってたのに笑)。

          思い起こせば一月半くらい前、二日遅れで入った稽古場。
          台本貰ったのが、稽古開始十分前くらい?で、なんとな〜く役名も聞いたけど、「今更読んでも」と思い、ブッツケな読み合わせ。
          最初のコンタクトが、大好きな先輩・親八つぁんだったのが追い風になったかも?でございます(笑)

          後で誰かから聞きましたが、「実弘はちゃんたに当て書きだから」と、豪ちゃんは言ってくれてたらしく、まぁ〜それを聞いた時は鳥肌が立つほど嬉しかったですなぁ〜。
          イチバン好きな役だったし、意外とやったことの無い役だったからですでございます。

          テーマは剛球!
          変化球など考えず、とにかく剛球を放り込む肩を作る。
          あの時代の、あの地域のゴッツい感を、とにかく想像して、血液の温度を2〜3℃上げたイメージで剛球を真っ直ぐ放り込む。
          なんだか、自分が若返ったような気分になりました(笑)

          …同じ釜の飯を食う。

          何なんでしょうね?
          このありきたりな言葉のリアル感。
          花園神社に入ってからのハンパ無い生活感は…。
          生活感から生まれるファミリー感。
          ナントカ興業さんよりもはるかにリアルなファミリー感(笑)
          そして、外波山組長のなんともリアルな“昭和のお父ちゃん感”

          いや〜濃厚でした!
          だから「我ら濃厚民族!」
          ……って言ったら苦笑されました、そこそこ若手に(笑)

          〈つづく〉

          13:32 | - | comments(0) | - | - | - |
          2019.07.12 Friday

          デルモから野外侍な日。

          0
            DSC_0041.JPG
            昨日は、芝居の本番前に出演した某CMのウェブマガジンの取材がございまして、ただいま野外侍の真っ最中なので爽やか度ゼロ%なアタクシなのに、スタイリストさんやへやメイクさんのお陰で、爽やかおじさんの出来上がり。
            「おっ、いいですね〜!いいですね〜!」などとカメラマンさんに乗せられながら、なんだかデルモ気分♬
            数時間後には、ニッカポッカ履いてるのに…(笑)

            本番2日目!
            「骨ノ憂鬱」からは大二郎さんともりちえちゃん。
            「ちゅらと修羅」からサダミさん、コタ、ヒロオちゃん。
            そしてお久しぶりのトシエお母さままでいらっしゃって嬉しゅうございました!

            チケットのご用命はコチラからお願いします。
            【予約フォームからのお申込み】中野英樹扱い↓
            【椿組HP】

            16:04 | - | comments(0) | - | - | - |

            ▲top