『あしたはどっちだ?』著・中野英樹

清貧役者生活20ン年。

笑ったり、食べたり、凹んだり、嘘ついたり…。

そんな清貧な日々を、気ままにつづった、書き殴り日記。

※出演情報※

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ナカミチエンジン | TOP | 五右衛門VS轟天 >>

2015.08.09 Sunday

お盆の弟

0
    何故か映画館の受付の前で、ガサゴソと台本を出す。
    自分の名前が載っている台本と身分証明書を出せば千円で観せて貰える「映画人救済割引」。
    だから、身分証明書も出さなきゃいけない…。

    まことしやかに「顔が俳優の名刺」などと言うコトワザがございます。
    もちろん、顔が割れてない俳優ちゃんである自覚はございますが、俳優ちゃんであるコトを証明する為に免許証を差し出す現実が、行為が、

    カッチョ悪くて、
    無様で、
    情けなくて、
    不届きで、
    居た堪れなくて…、

    受付嬢がポカンとするほどの、ゲリラ豪汗。

    そんな汗をかく主人公から始まった『お盆の弟』。

    チラシに書かれた著名人の方々の感想は、ザックリ言えば「心暖まる日本映画」みたいなコメントでしたが…

    とんでもねえ!

    一本しか撮ってない映画監督の里帰り。
    昔馴染みに晒される日々。
    「悪かない才能」ト、オノレを信じて物語作りに盛り上がる座敷席。
    でも、現場に立てば、たいして人間扱いされない現実。

    …痛い!痛い!痛い!

    いちいちシンプルで何気ない台詞が、五寸釘のように刺さり嫌な汗を降らす。
    いちいち主人公の笑顔が、バリアに見えて、お腹が痛くなる。
    免許証俳優ちゃん生活の臨場感に溺れ死にそうになる。

    個人的には残酷なほど傑作。

    でも、ちっとも心暖まらねぇよ(笑)!

    http://obonbrothers.com/


    iPhoneから送信

    10:30 | - | comments(0) | - | - | - |

    コメント

    コメントする









    ▲top