『あしたはどっちだ?』著・中野英樹

清貧役者生活20ン年。

笑ったり、食べたり、凹んだり、嘘ついたり…。

そんな清貧な日々を、気ままにつづった、書き殴り日記。

※出演情報※

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< こぐれ修先輩。 | TOP | 普通にやろう&#127925; >>

2016.05.16 Monday

田野畑村漁師軍団の皆さま。

0
    1463329616555.jpg
    …そらそーだべ。

    「ミルフィーユ」岩手県田野畑村、羅賀荘公演の劇場下見なはずなのに、現地到着後に劇場を、一寸すら採寸せぬうちに、田野畑漁師軍団の皆さまと、酒宴でございます。

    まぁ、出るわ出るわ「魚介類のネバーランド&#127925;」

    アタクシはアタクシなりに頑張って、岩手ですら初夏の中、二次会のスナックでは、軍団さんに1月に(衣装として)頂いたカッパとねじり鉢巻の出で立ちで参上させて頂きました次第です(笑)。

    浮わっついたフィクション稼業のアタクシからしますと、地に足をつけて…、否!「海に身を委ねて」生活と闘い続けている軍団の皆さまはカッコ良すぎるワケです。

    ギリギリまで、スケジュール的なこととかで、行けるかどうが曖昧にしていたアタクシに「やっぱり来たな(笑) また会えて嬉しいべ」ト、軍団長のヒトシさんに連れションしながら言われた日にゃあ、ときめかないワケには行かないのどす!

    …なーんて言いながら、軍団の皆さまから「わんこ」のごとく注がれる盃に、いつしか漁師よろしく舟を漕ぐ始末。
    「寝るな、寝るなオレ!」の言い聞かせが、子守唄のような心地よさ(笑)。

    どれほど記憶を飛ばしていたか分かんないですが、取り戻した後は、取りあえず気持ちの良い田野畑の夜風にあたり、気合い入れ直してスナックの扉を開くと、ちょうど軍団の先輩のカラオケの番。
    軍団の皆さまご来京の折りに覚えた、「先輩たちの歌う演歌にカンで合わせてデュエットするの術」を屈指する!

    これをやると軍団の皆さまが「ガッハッハッハッー」ト、喜んで下さるのです。
    でもね、喜んで貰うためにやるというよりも、軍団の皆さまの「ガッハッハッハッー!」という豪快な笑い声がこちらにどデカい元気を下さるのだす。

    最近しょぼくれた元気玉なオラに、イチバン欲しいもの、それはどデカい元気!

    したら、隣の席のおじさまがこちらに躍りながら手を差しのべて来るので、受けて立つべしと、なんだかよく分からない踊りを踊る(笑)
    カッパ着てンのに、汗かきなのに&#128166;&#128166;

    で「おめも歌え&#10071;」的な流れになったので、演歌ばかり歌う漁師どもに(笑)「目にもの見せてやる」とばかりに場違いな『Tomorrow Never Nose』投入!
    すると、軍団若手チームも一緒になって歌い出す。
    「なんだおめら、演歌以外も知ってんのか?」ト、思ったけど、若手チームはオレより若いのだものねー。

    なんだか、アホみたいに楽しい&#127925;

    とにかく「ガッハッハッハッー!」
    何はなくとも「ガッハッハッハッー!」
    腹筋がちぎれるほど「ガッハッハッハッー!」

    「ガッハッハッハッー!」ト、たくさんのどデかい元気玉をお土産に頂いたからこそ、本番でお返ししなければ。

    わが腕と、わがハートと、メンバーと、親分・ササミネの采配を信じて。

    なーんつって(笑)!

    岩手県田野畑村、羅賀荘公演。
    8/28。
    aibook公演「ミルフィーユ」

    がんばんべ!

    11:11 | - | comments(2) | - | - | - |

    コメント

    うわー!!!
    羅賀荘行きたーい!!!!!
    2016/05/18 9:01 PM by 敬子
    是非!
    2016/05/19 6:14 PM by ちゃんた

    コメントする









    ▲top