『あしたはどっちだ?』著・中野英樹

清貧役者生活20ン年。

笑ったり、食べたり、凹んだり、嘘ついたり…。

そんな清貧な日々を、気ままにつづった、書き殴り日記。

※出演情報※

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< デルモから野外侍な日。 | TOP | 晩夏に。 >>

2019.07.28 Sunday

祭りのあと〜其の壱〜

0
    1563329011963.jpg
    思い起こせば十年前…。
    青木豪ちゃんと歌っていた、グリングと言うブルース。
    だから俺たち、地味なブルース・ブラザース(笑)
    それ以来の劇作現場が「野外劇」と言う、このサーガ(グリングでは日常芝居ばっかやってたのに笑)。

    思い起こせば一月半くらい前、二日遅れで入った稽古場。
    台本貰ったのが、稽古開始十分前くらい?で、なんとな〜く役名も聞いたけど、「今更読んでも」と思い、ブッツケな読み合わせ。
    最初のコンタクトが、大好きな先輩・親八つぁんだったのが追い風になったかも?でございます(笑)

    後で誰かから聞きましたが、「実弘はちゃんたに当て書きだから」と、豪ちゃんは言ってくれてたらしく、まぁ〜それを聞いた時は鳥肌が立つほど嬉しかったですなぁ〜。
    イチバン好きな役だったし、意外とやったことの無い役だったからですでございます。

    テーマは剛球!
    変化球など考えず、とにかく剛球を放り込む肩を作る。
    あの時代の、あの地域のゴッツい感を、とにかく想像して、血液の温度を2〜3℃上げたイメージで剛球を真っ直ぐ放り込む。
    なんだか、自分が若返ったような気分になりました(笑)

    …同じ釜の飯を食う。

    何なんでしょうね?
    このありきたりな言葉のリアル感。
    花園神社に入ってからのハンパ無い生活感は…。
    生活感から生まれるファミリー感。
    ナントカ興業さんよりもはるかにリアルなファミリー感(笑)
    そして、外波山組長のなんともリアルな“昭和のお父ちゃん感”

    いや〜濃厚でした!
    だから「我ら濃厚民族!」
    ……って言ったら苦笑されました、そこそこ若手に(笑)

    〈つづく〉

    13:32 | - | comments(0) | - | - | - |

    コメント

    コメントする









    ▲top