『あしたはどっちだ?』著・中野英樹

清貧役者生活20ン年。

笑ったり、食べたり、凹んだり、嘘ついたり…。

そんな清貧な日々を、気ままにつづった、書き殴り日記。

※出演情報※

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ♪アナタのお名前ナンてぇ〜のッ?♪ | TOP | チキン役者・考 >>

2009.01.22 Thursday

佐藤二朗くんのこと。そして笹野鈴々音のこと。

0


    ワタシの、携帯じゃねぇ、携帯の写メに、
    “公衆電話サイズ”の、佐藤二朗ちゃんの顔面
    が写った、この幸せ。

    ワタシの年下なのに、ワタシの100倍上手い、ワタシが憧れてしまう、つまり、ワタシの大ッ嫌いなタイプの役者・佐藤二朗くん率いる(そして脚本も二朗ちゃん)“ちからわざ”を観て来ました。

    いやー、面白かったッス。

    作家・佐藤二朗として、描きたいことがいっぱいあるンだろーなぁ、なのに描きすぎてない感じが、とてもバランスが良く(そして崩されたバランス)、二朗ちゃんの世界が錐(キリ)のよーに鋭く、二時間を貫いていました。
    役者さんたちの、適材適所な感じも気持ち良かった!

    にしても、巧ぇなぁ、佐藤二朗は。
    ホント事故とか合わねーかなぁ。

    そして、“Natural Born Actorees”笹野鈴々音(愛称・りりぃ)が良かった!



    まったくもって、“野生女優(直訳?)”ですよ、彼女は。

    草原を走る、小鹿のような野生。

    なんか、りりぃを観てたら、4、5年前、りりぃに出て貰った、『海賊』という芝居を、震えるほどしたくなった。

    りりぃの野生とまぐわいたいと、強烈に思った。

    つーことは?この“頭でっかちチキン俳優”のワタシのどこかにも、

    “役者としての野生”

    が、どこかに眠ってるのかしらン?
    だとしたら、

    起きろォーッ!野生ッ!
    朝ですよォーッ!
    遅刻しますよォーッ!
    鶏がコケコッコーと鳴いてますよォーッ!
    このチキンがッ!

    つーか、そろそろチキンとか使うなッ!俺ッ!

    チキンより維新ッ!(ごめんなさい)

    自分革命をせねば、どんどん離されるぞッ!
    流行りで言えば、
    “Change!”
    だべさ、俺ッ!

    “脱・チキン革命”

    ワタシの夜明けは、いつ訪れるのか…?

    あしたはどっちだ?

    21:40 | - | comments(0) | - | - | - |

    コメント

    コメントする









    ▲top